So-net無料ブログ作成

「0011ナポレオン・ソロ」のイリヤ [TV(ドラマ・アニメなど)]

あごが割れている男性・・・美男子の一種なのでしょうか?
とりあえず知り合いには、二重あごの方はいても、あごが割れている方はいません。
そもそも日本人にはあまりいないルックスなのかもしれませんね。

で、「あごが割れている俳優」として、まず思いつくのはカーク・ダグラス!
その次に思いつくのが「0011ナポレオン・ソロ」のナポレオン・ソロを演じていたロバート・ヴォーンです。

「0011ナポレオン・ソロ」は原題が「The Man From U.N.C.L.E.」(アンクルという秘密組織から派遣された男)でした。
「007」シリーズはイギリス諜報機関のスパイ、ジェームズ・ボンドの活躍を描いたものですが、こちらは、そのアメリカ版と言ったところでしょうか。
U.N.C.L.E. という国際諜報機関はニューヨークに拠点を置いています。
その出入り口は、ニューヨークのとあるクリーニング店!
その奥のカーテンをくぐると、そこは近代的な地下(?)のオフィスになっていて、最新式のコンピュータなどが設置されたU.N.C.L.E. 本部に繋がっているのです。

主役はあごが割れたナポレオン・ソロ。非常に女性好き。そこんところは本家の007と同じです。
彼には相棒がいました。なぜかロシア人のイリヤ・クリヤキン(デヴィッド・マッカラム)です。コードネームは002。
この金髪碧眼のイリヤが、幼少時の私は大のお気に入りでした。
ナポレオン・ソロが女好きでやり手のスパイなのに比べ、イリヤは冷静沈着。どちらかというと女性は苦手みたいなキャラ。
時々、敵の罠にはまって危機に陥ることもあり、もう、そんな時は
(イリヤさまぁ~)
とハラハラしながら見ていた私でした。

思うに、私はイリヤのルックスもさることながら、あの声に酔っていたような気がします。
日本語吹き替えで、イリヤの声を担当していたのは、かの野沢那智!でした。

↓ こちらはサントラ盤。金髪の男性がイリヤで、黒髪の男性がナポレオン・ソロです。

ナポレオン・ソロとイリヤ.jpg

Man from U.N.C.L.E.

  •  Original Soundtrack
  •  Cloud 9
  •  2004/11/16
  •  CD

DVDは出てないみたいでした。涙。
↓ こちらはビデオです。
上がナポレオン・ソロ(ロバート・ヴォーン)、その下がイリヤ・クリヤキン(デヴィッド・マッカラム)です。

Man From Uncle 5: Off Broadway & Take

Man From Uncle 5: Off Broadway & Take

  •  Warner Studios
  •  1998/09/01
  •  ビデオ


nice!(11)  コメント(23)  トラックバック(1) 

nice! 11

コメント 23

かおり

好みが似てますね~
デヴィット・マッカラムの金髪サラサラ好きでした~♪
お話はろくに覚えてないんですけどね^^
by かおり (2007-06-02 21:49) 

にやにや(笑)
なつかひぃ~
はっきり言って、ロボート・ヴォーンは完全に食われてましたね。

デヴィット・マッカラム。
大脱走で良い役だったの覚えてますか?
降り立った駅で、仲間がつまりそうになったの助ける・・。
まだガキだった僕は純粋に感動しましたよ。
by (2007-06-02 22:22) 

DEBDYLAN

ご無沙汰です(汗)

>あごが割れている男性
やっぱ、ロバート・プラントでしょう、僕の場合(爆)。
by DEBDYLAN (2007-06-02 23:52) 

コトロ

こんにちは。
私もこの番組は見たはずなんですが内容は全然覚えていません。主役のロバートボーンよりも相方のデビッドマッカラムの方が好印象だったのは覚えているのですが…。デビッドマッカラムは「大脱走」にも出てましたよね確か。ちょっとした役でしたが「あっイリヤだ」と思いましたよ。
日本人でアゴが割れている人と言うとアンタッチャブルの山崎さんくらいしか思い出せませんが彼も「ケツアゴ」と呼ばれてネタにされているくらいなのでやはり日本人に割れたアゴは似合わないのかも。
by コトロ (2007-06-03 00:05) 

雨水

あごが割れている男性=通称「ケツあご」と呼ばれてますね;
漫画の中の長島監督がそうでしたね。あとなんであんなにヒゲソリのあとが青々としていたのでしょうか?今思えば強調しずぎですね。
by 雨水 (2007-06-03 00:42) 

こんにちわ!
なつかしい話題に思わずお邪魔させていただきます。
私もイリヤ、大好きでした。
二人が本部に行くと必ず名札を受付の人から受け取るんですけど、ソロさんはいつも受け付けの美女につけてもらっていて、その脇で自分で名札をつけていた彼が忘れられません。
はじめは彼の吹き替えは愛川欽也になるところだったのを野沢那智さんになったと聞いて、心底ホッとしたのを覚えています。

デビッドマッカラムはその後、透明人間(?)かなにかに出演されてて、かなり体格が良くなられて、がっかりしました。
ロバートヴォーンさんはタワーインフェルノにもご出演されてました。
いけすかない議員役だった気がします。
とにかく懐かしい~~
by (2007-06-03 07:23) 

YaCoHa

こんにちは。
ナポレオン・ソロは未見ですが、この頃のロバート・ボーン、若いですね!(ショーン・コネリーの007の1作目を今見た気分になりました。)
日本人のケツアゴといえば・・・?加藤剛?(=松本人志の男前像)・・・はちょっと違うな・・・そういえば思いつきませんね。(悩;)
by YaCoHa (2007-06-03 21:24) 

びっけ

青い花さん、nice!&コメントありがとうございます。
ちょっぴり、おかっぱヘアっぽい金髪サラサラヘア、良かったですよね。
私もストーリーは殆ど覚えてません。(^^;
ただ、イリヤさま、ステキだったなぁ~ということだけです。(笑)
by びっけ (2007-06-03 23:51) 

びっけ

RONさん、nice!&コメントありがとうございます。
>デヴィット・マッカラム。
>大脱走で良い役だったの覚えてますか?
あれっ! 
スイス国境沿いに逃げた人たちを救った仲間かな?
うーん、はっきり覚えてません。
もう一度『大脱走』観なくては!
情報、感謝です!
by びっけ (2007-06-03 23:54) 

びっけ

DEBDYLANさん、nice!&コメントありがとうございます。
そうだ! ロバート・プラントもそうでした!
ナイス・フォローです! ありがとう!
by びっけ (2007-06-03 23:54) 

びっけ

コトロさん、nice!&コメントありがとうございます。
『大脱走』のデヴィッド・マッカラム・・・ご存知の方、結構いらっしゃるのですね。
これは再チェック必須かな。
アンタッチャブル・・・あぁ、あの彼ですね。
確かにあごが割れてますね。
正確に言うと、あごが割れているのではなくて、あごのところについている筋肉?が割れていると言うべきなのかな? (^^;
ケ○アゴ・・・とは、すごい表現ですね、初めて知りました。
メモメモ・・・。(笑)
by びっけ (2007-06-04 00:00) 

びっけ

雨水さん、nice!&コメントありがとうございます。
そう言えば、漫画のキャラには、割といるかもしれませんね。
女性でそういうあごの方を見たことがないので、要するに、男らしさみたいなことを表現している顔相なのかもしれない・・・と思えてきました。
by びっけ (2007-06-04 00:02) 

びっけ

未羅瑚さん、nice!&コメントありがとうございます。
おぉっ! 未羅瑚さん、内容をよく覚えていらっしゃいますね。
そうか、受付のしぐさひとつとっても、女性大好きのナポレオン・ソロと対照的で、なんか母性本能くすぐる感じですね。(^^;
とりあえず、吹き替えは愛川氏でなくて良かったです!

デヴィッド・マッカラムの出演映画は、なんかゴーストが出てくるお化け屋敷の話を観たことがあります。幻想的でミステリアスな雰囲気で好きでした。
透明人間かぁ・・・それは観たことないです。探して観てみたいです。
ロバード・ヴォーンは、そうそう嫌味な権力者の役とか合いそう。
by びっけ (2007-06-04 00:07) 

びっけ

Yakohaさん、nice!&コメントありがとうございます。
そうですね、ショーン・コネリーの第一作も、髪の毛ふさふさ黒々で、今とは大違いですものね。(^^;
(でも、ショーン・コネリーのあのお茶目な感じの目が大好きです!)
あぁ・・・加藤剛も、確かにそれっぽい顔ですね。
アゴのがっしりした四角い顔の人・・・最近の日本人の若い人には少なくなってきている気がします。
希少価値の顔かもしれませんね。
by びっけ (2007-06-04 00:09) 

pochi

いやぁ~、これもまたなつかしい~。
イリヤの「ソロさ~ん」が聞こえてきそうです。
そういえば、昔、漫画家のふくやまけいこさんが個人誌で、すぐに捕まってしまうイリヤのことを"おそれイリヤのクリヤ~キン!"と評されて(?)いました。
by pochi (2007-06-04 05:30) 

びっけ

pochiさん、nice!&コメントありがとうございます。
>すぐに捕まってしまうイリヤのことを"おそれイリヤのクリヤ~キン!"
これ最高です!
恐れ入谷の鬼子母神より、ずっと楽しいです!
by びっけ (2007-06-04 19:19) 

春分

おそれイリヤのクリヤキンですね。
明智抄のマンガでも入谷くんって出てきますね。
by 春分 (2007-06-04 22:57) 

春分

あ、なんだもう書かれてた。
by 春分 (2007-06-04 22:58) 

びっけ

春分さん、nice!&コメントありがとうございます。
>おそれイリヤのクリヤキン
有名な言葉!なんですね。
こうして、今まで知らなかった情報を知ると
ブログをやっていて良かった!とつくづく思います。
by びっけ (2007-06-05 00:28) 

れんか

今頃、5年以上も前の記事に反応してしまってスミマセン(汗)
はじめて寄らせていただきました。
↑ で びっけさまがデヴィッド・マッカラム氏の出演映画と言っておられるおばけ屋敷の話ってSapphire&Steel でしょうか? サファイアと言う青い衣装の女性(ジョアナ・ラムリー)とコンビ組んでる話です。マッカラム氏はいつもグレーのスーツでしかもエラソーで。ついでに30分x34話のTVドラマです。

実はyoutube で見て気に入ってDVD購入。半端じゃなくハマってしまい気に入ってるのですが、日本で映されてたことがあったのかしら?と思って。 

ちょっとお聞きしたくて書き込ませていただきました。
ごめんなさいっ。
by れんか (2013-03-29 17:41) 

びっけ

れんかさん、コメントありがとうございます。
いえいえ、むしろ、5年前の記事に反応していただけるなんて感激至極です。
私が見たのはテレビドラマとうい感じではなくて映画という感じでした。マッカラム氏は謎めいた青年というか幽霊みたいというか・・・。(^^;
れんかさんが、はまったというテレビドラマ、見てみたくなりました。
DVD があるんですね。今度探してみます!
nice な情報ありがとうございます!
by びっけ (2013-08-24 14:21) 

びっけ

RO さん、nice!&トラバありがとうございます!
by びっけ (2013-08-24 15:11) 

びっけ

茅ヶ崎住人 R さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2013-08-24 15:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。