So-net無料ブログ作成

『エースをねらえ!』の千葉ちゃん [マンガ]

今のテニス界をしょって立っているマンガは、『テニプリ』こと『テニスの王子様』でしょう。
私もちょっとだけテレビアニメを見たことがあります。
で、心惹かれるのは、主人公の越前リョーマよりも、手塚部長です!

多分、これはアレです、アレ。
「月もひとり ねぇ、千葉ちゃん」
の台詞で有名な(本当か?)千葉ちゃんラブだったからです。

「月もひとり~」の千葉ちゃんとは何者かというと、山本鈴美香のマンガ『エースをねらえ!』に出てくる、西高新聞部(報道部)の千葉鷹志です。
テニプリの手塚部長の‘メガネにサラサラヘア’というところが、私にはどうしても『エースをねらえ!』の千葉ちゃんにかぶってしまうのです。(千葉ちゃんは、もっと髪が長いけれど)

千葉ちゃんが想っている人は、もちろん主人公の岡ひろみ!
でも岡ひろみは男子テニス部の藤堂部長と恋仲なので、千葉ちゃんは岡ひろみのことを遠くから見守るだけです。
そこで、千葉ちゃんは新聞部という特権を使って、岡くんの写真を撮りまくります。
(決してストーカーではありませんから!)
その写真によって、岡くんのフォームの弱点などを分析して協力しているのです。
影ながら好きな人を支えるなんて、涙ものじゃぁありませんか!

マンガの『エースをねらえ!』のキャラはとにかく立っていました。
★ お蝶夫人(竜崎麗華)←間違いました!麗香です!
 よく皆さんが突っ込んでいるところですが、どうして高校生なのに(もちろん独身!)夫人なのか!?
 当時の名プレーヤー、キング夫人にちなんだとは言え、違和感ありすぎのネーミングです。
 本名も華麗すぎ!
 今見ると、まるでレディースの総長のような名前に感じるのは気のせい?
 嶽本野ばらの『下妻物語』の・・・あっ! あれは竜ヶ崎桃子か。(^^;
★ 加賀のお蘭(緑川蘭子)
 長身であることがコンプレックスのプレーヤー。宗方コーチの腹違いの妹。
 当時は、どうしても浅野ゆう子のイメージで読んでました。(^^;
★ 宗方コーチ(宗方仁)
 とにかく恋愛にうるさい!
 岡ひろみと藤堂さんが恋に落ちた時から、ひろみには、二言目には
 「恋をしても おぼれるな」とか「いっきに もえあがるような 恋はするな」と言います。
 どうも、宗方コーチは実母が日陰の身(お妾さん)だったことがトラウマになっていると思われます。
 「男に支えられずに くちる女は 母だけでいい」(確かこんな台詞)、つぶやいているからです。
 藤堂さんにも
 「彼女を支える自信がないのなら、岡にかまうな!」みたいなことをしきりに言います。
 (決して焼きもちで言っているのではないと思う・・・)

(恋愛とスポーツの両立って大変なんだなぁ・・・)と思いながら読んでいたものです。

集英社の『エースをねらえ!』公式サイトでは、全10巻それぞれ数ページですが立ち読みできます。
  http://www.shueisha.co.jp/home-sha/ace/

エースをねらえ!10巻セット.jpg

エースをねらえ(全10巻セット)

  •  山本鈴美香
  •  ホーム社
  •  2003/08
  •  文庫


アニメも見てました!
あの出崎統が演出!
お蝶夫人がバラの花を背中にしょって出てくるテニスシーンは、華麗・流麗・奇跡でありました。
♪ 夕焼けのテニスコートで 折れた かわいそうなラケットを 見たわ~

↓ 上から(岡ひろみとお蝶夫人)(宗方コーチ)(岡ひろみとペットの黒猫ゴエモン)です。

エースをねらえ!6.jpg

エースをねらえ! Vol.6

  •  バンダイビジュアル
  •  2005/02/24
  •  DVD
エースをねらえ!5.jpg

エースをねらえ! Vol.5

  •  バンダイビジュアル
  •  2005/02/24
  •  DVD
エースをねらえ!4.jpg

エースをねらえ! Vol.4

  •  バンダイビジュアル
  •  2005/02/24
  •  DVD


これは上戸彩主演でドラマ化されましたよね。
その時の千葉ちゃん役は柏原(弟)収史でした。
結構、原作のイメージに近くて好感が持てました!
(さすがに尾崎のアレはないでしょ! アレは!!)

エースをねらえ!DVDBOX.jpg

エースをねらえ! DVD-BOX

  •  ジェネオン エンタテインメント
  •  2004/07/23
  •  DVD


nice!(9)  コメント(32)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 9

コメント 32

かおり

エースをねらえ、愛読しておりましたとも・・・♪
池田理代子、一条ゆかり、山本鈴美香は私の憧れ!
千葉さんステキでしたね~
山本センセのばあい、とかく主人公の年齢と
設定されたキャラクターにチョイ違和感あり・・・
だったように思いますが、そこはスルーしてたような^^
アニメも見ておりましたが突っ込みどころがけっこうあって
ブツブツいいながら見てたと思います(笑)
残念ながらドラマは見ておりません
内野聖陽サマの宗像コーチがイメージできなくて・・・
by かおり (2007-07-01 22:05) 

ken

初めまして。
山本鈴美香の名前に何だか嬉しくてコメントします。
私は実は「エースをねらえ!」はアニメでしか知らないのですが、
山本鈴美香の未完の大作「七つの黄金卿」の大ファンでした。
失礼いたしました。
by ken (2007-07-01 22:06) 

春分

テニスマンガって意外と少ないですよね。ほぼこの2つか・・。
おお、そうだ浦沢直樹の「Happy!」がありましたね。
単発では萩尾望都の「マリーン」が。
でも、アニメじゃないか。
by 春分 (2007-07-01 22:23) 

びっけ

青い花さん、nice!&コメントありがとうございます。
>千葉さんステキでしたね~
キャッ! わかってくださる方がいらしてうれし涙がこぼれそうです。
>とかく主人公の年齢と設定されたキャラクターにチョイ違和感あり
そうそう。どう考えたって、男子高校生があんなに包容力がある恋愛をするとは思えません!(^^;
>内野聖陽サマの宗像コーチがイメージできなくて・・・
フフフ。ですよね。
幸いというか、私はドラマ『エースをねらえ!』を見るまで内野氏のことをあまり意識してなかったので、なんとか許容範囲として見ることができました。
『蝉しぐれ』を見た後だったら、違和感ありまくりだったかも・・・。
by びっけ (2007-07-01 22:35) 

びっけ

keiさん、nice!&コメントありがとうございます。
おぉっ! 『七つの黄金郷(エルドラド)』 あれは完結してほしかったですよね。
背中の刺青が指し示す秘宝の場所とは!?
ロレンツォ様のお姿が思い浮かびます!
また、どうぞ遊びにいらしてくださいませ。
by びっけ (2007-07-01 22:47) 

風乃こころ

手塚部長のお名前に反応してnice!押してしまいました・・・・・(笑)。
本編とズレててスミマセン(^^;。

『エースをねらえ!』は読んだ事もアニメ見たこともないのですが、あれだけ有名なマンガですので、丘ひろみとかお蝶婦人とか宗方コーチくらいは知っています(笑)。
お蝶夫人・・・「なんで高校生なのに夫人やねん」と、ず~っと思っていたのですが、今回ようやく謎が解けました!。ありがとうございます!!(笑)。

でも新たな謎が。”竜崎麗華”なのに、なぜ”お蝶”?
(-""-;)ムム・・・(笑)。
by 風乃こころ (2007-07-01 23:21) 

びっけ

春分さん、コメントありがとうございます。
即座に他のテニス漫画の名前が出てくるところ、流石!でございます。
(小声で)私は、教えていただいた2作品とも未読ですが・・・。(^^;
全然違う話ですが、最近のハンカチ王子とかハニカミ王子というのは、この『テニスの王子様』から来ているんでしょうかね?
by びっけ (2007-07-01 23:33) 

びっけ

風乃こころさん、nice!&コメントありがとうございます。
フフフ。こころさんなら、きっと手塚部長に反応してくださると思っておりました。
新たな謎(どうして‘お蝶’?)の答えは・・・。
 蝶の舞いにも似た華麗なプレイから(お蝶夫人)と呼ばれる。
と、集英社の公式HPに書いてありました。
でも、(夫人)とか(お○○)とか、大正時代か江戸時代?という感覚ですよね。(^^;
by びっけ (2007-07-01 23:37) 

チヨロギ

当時は毎週欠かさず週刊マーガレットを読んでいたので、もちろん「エースをねらえ!」も愛読していました。
お蝶夫人を筆頭に、どう見てもテニス向きじゃない髪型のオンパレードでしたよね。
ドラマはちゃんと見ていないのですが、お蝶夫人の金髪がどうなるかと思ったら、ふつうに黒かったですね(笑)
でも縦ロールを再現していたのには脱帽でした!
by チヨロギ (2007-07-02 00:32) 

こんばんは。
千葉ちゃんは結構人気ありましたよ。
アニメ版の尾崎さんも、すごいおっさんくさかったような記憶があります。
マンガは最後まで読んでなかったので、2年くらい前に借りて読みました。
・・・あんなシゴキ、ありえないぃぃぃぃ・・・
by (2007-07-02 01:11) 

びっけ

チヨロギさん、nice!&コメントありがとうございます。
>当時は毎週欠かさず週刊マーガレットを読んでいたので
ですよね! 当時、中学生でしたが、休み時間は週マの取り合いでした。
『ベルサイユのばら』も週マで、もうベルばら派とエース派で、盛り上がってましたわ。
>どう見てもテニス向きじゃない髪型のオンパレードでしたよね。
加賀のお蘭も、妙に下が重い髪形で、スポーツプレイヤーとしての実用性ゼロでしたよね。(笑)
髪型的には岡ひろみが一番‘あり’だったかも・・・。
>縦ロールを再現していたのには脱帽でした!
ドラマのお蝶夫人(松本莉緒)は、グッジョプでしたよ。
マンガのお蝶夫人のイメージよりは背が低くて小粒の印象だったけれど、あのお嬢様言葉とか物腰はピッタリでした!
by びっけ (2007-07-02 09:03) 

びっけ

カオルさん、コメントありがとうございました。
>アニメ版の尾崎さんも、すごいおっさんくさかったような記憶があります。
角刈りですもん。泣きましたよ、あのアニメの尾崎さんには!
ドラマでは、石垣佑磨が演じていましたが、野生的なプレースタイルと、あのお調子者的キャラも、原作とは違いすぎて、拒絶反応が出ましたわ。(^^;
まぁ、原作まんまだと、藤堂さんとかぶる部分(共に白馬の王子様系)が多いからなんでしょうか?
by びっけ (2007-07-02 09:07) 

miyuco

ベルばらとエースが同時に掲載されてたんですから
あの時の週マは今考えてもすごかった。
早売りのお店を探し出して読んでました^^;
千葉ちゃんのひろみに対する感情とか藤堂さんたちに
対する友情とか男気があるヤツだと思います。
もちろん大好きでしたわ♡

>宗方コーチ・とにかく恋愛にうるさい!
これ読んで爆笑してしまった。
でも、ひろみへの接し方で自分でも実践してたんだから
許してください。

『七つの黄金郷(エルドラド)』
何とかしていただきたいです(v_v。)
ロレンツォ様…

『テニプリ』はリョーマのとうちゃんと不二くんが大好きです。
途中までしか読んでないけど^^;
コーチは竜崎という名前でしたよね。
by miyuco (2007-07-02 10:59) 

びっけ

miyucoさん、nice!&コメントありがとうございます。
わーい! miyucoさんも千葉ちゃんのこと好いていてくださって嬉しいです。
>でも、ひろみへの接し方で自分でも実践してたんだから
>許してください。
確かに・・・。
そう言えば、ひろみがコーチと藤堂さんに手を引っ張られて迷っているような(しかも服を着ていない!)絵があって、当惑したものです。
>『七つの黄金郷(エルドラド)』
>何とかしていただきたいです(v_v。)
ですよね!
でも今さら描いても絵のタッチがもう違うでしょうか・・・。
>『テニプリ』はリョーマのとうちゃんと不二くんが大好きです。
リョーマのとうちゃん。独特ですよね。
そうだ、あのおばさんコーチは竜崎でした!
マンガ界の日本テニス連盟における竜崎一族! 恐るべし!ですね。(笑)
by びっけ (2007-07-02 13:40) 

たいへー

「エース」と言ったら、お蝶夫人。
花形満の無免許運転にも驚いたが、
高校生であの色気に、
若かりし私の胸はときめいたのだった・・・
「高校生で夫人でも、宜しくてよ!!」
by たいへー (2007-07-02 14:56) 

能天気

びっけさんとどこまでも?男の趣味がかぶりそうな能天気です。
千葉ちゃん。好きでした
今で言う、私にとってはメガネの萌えアイドル^^
だって、後のお二人は濃かったんですもの

テニプリはみんな目つきが悪いんで苦手です。
そんな目で人を見ない!!
母の気持ちで叱ってやりたいです^^
by 能天気 (2007-07-02 15:28) 

能天気

追伸
テニス物といえば、実写ですがスマッシュを決めろというドラマもありました。
金色のラケットとか出てきた記憶が・・・
マンガ版はダイソーで売ってました
by 能天気 (2007-07-02 15:32) 

おきざりスゥ。

名言の宝庫たる<エース~>から
「月もひとり ねぇ、千葉ちゃん」
を持ってくるアタリびっけサンの通っぷりが光る選択ですね。
昔みてた<カルトQ・少女漫画大会>で設問に選ばれてましたもん。
フキダシ部分が空白になった頁を見て書かれている台詞を答える形式。
他には「きょうはベルサイユはたいへんなひとですこと」かなんか出題されてましたっけ。

スゥ。も千葉ちゃんは好きでした~
一見は優男でも空手の有段者。
差し入れの甘栗しょって来る場面は笑かして貰いました。
                                   (でもチョット泣ける…)
小学生だった当時は高校生になれば彼らのような人格者が友人にいて
当然スゥ。もそうなれると…“馬齢を重ねる>という言葉は知らなかったんです、まだ。
でも<~黄金郷>に「こんな気高い人物がいるから俺のような者がいる世の中でも回ってゆくのだ/こんな人物がいるのに俺のような俗物がいるから世の中は良くならないのだ」とゆーよーな台詞があったよーに何処かには藤堂さんや尾崎さんやお蝶さまのやうな高校生が存在するやも~?きっとスゥ。とスゥ。の周りが違うだけなのだわ~。

<~黄金郷>はねー。
もうムリでしょうね、教祖様としての活動が忙しいでしょうから。
ただストーリー自体は出来てるはずだからハリウッドで映画化でもして続きを見せて貰えたらいいな。
            今の特撮技術ならカナリ豪華に拵えられると思うんですけどねー。
by おきざりスゥ。 (2007-07-02 18:49) 

びっけ

たいへーさん、nice!&コメントありがとうございます。
>「高校生で夫人でも、宜しくてよ!!」
これ、激爆笑です!(^○^)
by びっけ (2007-07-02 19:16) 

びっけ

能天気さん、コメントありがとうございます。
>男の趣味がかぶりそうな
ホホホ。二人とも‘めんくい’ということで・・・。(笑)
>実写ですがスマッシュを決めろというドラマもありました。
あっ! この「スマッシュをきめろ」のマンガ、覚えています!
井出ちかえ・・・は『ビバ!バレーボール』か・・・。
西谷祥子・・・違うか・・・。
ネットで検索・・・あぁ、志賀公江だ!
そうでしたか、これはドラマ化されたのですね。
見たかったなぁ・・・。
by びっけ (2007-07-02 19:20) 

びっけ

おきざりスゥ。さん、nice!&コメントありがとうございます。
><カルトQ・少女漫画大会>
へーっ! こんなのあったのですか! 面白そう。
スゥ。さまも、千葉ちゃんファンと知って、またまた嬉しいです。
>一見は優男でも空手の有段者。
そうそう、空手の黒帯でしたよね。
メガネを取ると、また美形なんだ、これが!!(笑)
『七つの黄金郷』・・・根強い人気ですね。
>ハリウッドで映画化でもして
なるほど。その手もありかもしれない。
そうそう、宝塚で青池保子の『エル・アルコン-鷹』と『七つの空七つの海』を一つにした作品が今年の11月舞台化されるそうです。
興味津々です!
by びっけ (2007-07-02 19:27) 

風乃こころ

びっけさんこんばんは♪。

”蝶の舞いにも似た華麗なプレイ”・・・・・なるほど!
それでお蝶夫人ですか!。納得vv。
ありがとうございました♪。これでスッキリvvです(^^)。
しかし”お蝶”・・・確かにちょっと江戸~なカンジが( ̄∇ ̄;)。
by 風乃こころ (2007-07-02 19:49) 

びっけ

風乃こころさん、コメントありがとうございます。
>しかし”お蝶”・・・確かにちょっと江戸~なカンジが( ̄∇ ̄;)。
ですよね!
‘お蝶’に‘お蘭’に、ペットの黒猫は‘ゴエモン’ですから!!
(^^;
by びっけ (2007-07-02 22:48) 

流星☆彡

出ましたネ!『エースを ねらえ!』記事☆そ~言えば、まだ出て
なかったでしたか。。。
小6で 別マの連載が始まったので、中学~高校時代は それで
テニス部活動してましたぞよ~♪(*^^)v
上戸彩ちゃん主演ドラマには、エキストラで参加しましたよん♪
ひろみと緑川蘭子の死闘試合のSCENEは、撮影の現場で
一日中 見てました。有明の体育館では、寄ったトイレで 彩ちゃんと
バッタリ!超・超・可愛かった~!(#^.^#) 上戸彩ちゃんって、まさに
「岡ひろみ」を実写化するのに最適な女優さんでしたよネ。
by 流星☆彡 (2007-07-04 19:57) 

流星☆彡

あっ!ここの話題の主役は 千葉ちゃんでしたね。f^^; ですが…
ドラマのお蝶夫人(松本莉緒)は、グッジョプでしたよね。ホント!
(…と、また 焦点が逸れる人~。。。(ーー;) )大人になってみて、
高校生を子供に持ってみて、松本莉緒ちゃんみたいに可愛いのが
本来=REALよね~とか思った…最近で ありました~。(~_~;A)
スゴ~イ大人な高校生像でしたものね。中学生の頃、このイメージで
想い描いた“大人像”と、なんと違った大人になってしまった現実。。。
orz
by 流星☆彡 (2007-07-04 20:09) 

びっけ

流星☆彡さん、nice!&コメントありがとうございます。
>上戸彩ちゃん主演ドラマには、エキストラで参加しましたよん♪
えーーーーーっ!!!!!!
す、すごい! 流星☆彡さん!
私、あのドラマ、ずっとリアルタイムで見てましたよ!
だから、潜在意識に流星☆彡さんの姿が残っているかもしれません。
>超・超・可愛かった~!(#^.^#)
しかも、上戸彩ちゃんに接近遭遇なさったなんて、うらやましすぎますぅ!
>中学生の頃、このイメージで想い描いた“大人像”と
>なんと違った大人になってしまった現実。。。
私もでございます・・・。どこでどう間違ったのだろう・・・。
でも、秘かに、私達世代って、父母世代に比べると、大人になりきれていない人が多いよね・・・と思ったりもしています。(^^;
by びっけ (2007-07-04 22:39) 

びっけ

なぎさん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2007-07-05 20:22) 

おきざりスゥ。

http://www.heiwanet.co.jp/pachinko/2006/ace/mj.html#a
↑ ご存知でしたか?ご存知ではありませんでしたでしょう?
驚倒されましたね!?スゥ。も仰天しましたのでビックリの御裾分けに来ました^^;
こんなものが稼動していたとは世の中ほんと油断できませんよー。
ぜひ“スペシャルコンテンツ”の中味を全部ご覧になって下さい。
さらなる衝撃がアナタを待っておりますわ♪
それにしても製品の訴求対象がワカラナイ…
                   35~50代女性の遊戯人口が多くあるんでしょうか?
by おきざりスゥ。 (2007-07-28 02:00) 

びっけ

おきざりスゥ。さん、コメントありがとうございます。
えーっ!!??!!
世の中では、こんなことが起きていたのですか!
>35~50代女性の遊戯人口が多くあるんでしょうか?
まさに、この年代の女性が今のこの業界の反映を支えているような気がします。
私はやったことないけど・・・。
☆ ビックリのおすそ分けありがとうございます!
by びっけ (2007-07-28 21:47) 

パパイチ

はじめまして♪エースをねらえ!が大好きなパパイチと申します。今、東京MXテレビで再放送されているのを、毎週わくわくしながら見ています。高校生ぐらいの時に再放送で見たのですが、すっごいおもしろくて、大好きになりました(^^)
原作は読んだことないのですが、そろそろ買って読もうかなと思っているところです☆
by パパイチ (2007-11-29 23:24) 

びっけ

パパイチさん、コメントありがとうございます。
えっ! 東京MXで再放送中なのですか!
それは知らなかったです。早速、見なくちゃ!!
ナイス情報ありがとうございます!
原作は・・・結構、ドラマティックです!
何といっても、アニメの尾崎とは、全然イメージが違うので、期待してください!(笑)
また、どうぞ遊びにいらしてくださいませ。
by びっけ (2007-11-30 00:13) 

まんまるまゆくん

こんにちは!
ブログ内容にとても共感したので、コメントを書かせていただきます!
私は、1960-70年代の、あのキラキラしたお目目の少女漫画が大好きで、中学生のころに漫画のエースをねらえ!やベルばら、ガラスの仮面にどハマりしていました。笑
こないだもう一回エースをねらえ!を読み返したのですが、前と違って、千葉ちゃんに心酔してしまいました。笑
あの「月もひとり、ねぇ千葉ちゃん」は印象に残りますよね!私も千葉ちゃんみたいな、温かく一途な男性に出会いたいものです。笑
素敵なブログをありがとうございました(o^^o)
by まんまるまゆくん (2016-11-15 20:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。