So-net無料ブログ作成

「血族」の小川真由美 [TV(ドラマ・アニメなど)]

山口瞳が母親の実家と自分自身の出生にまつわる秘密を調べ上げて書いた小説『血族』・・・本も読みましたが、NHK でドラマ化されたのも見て記憶に強く残っています。

山口瞳の母、静子を演じていたのは小川真由美。
美人で、シャキシャキしていてキップのいいお母さんという雰囲気が出ていて好きでした。

でも、そのお母さんには子ども達に伏せている秘密があったのです。

祖母(母にとっては姑にあたる)は、何かというと こう言って嫁をいじめるのです。
「ふん、なにさ。ワギダの女のくせに」
と・・・。

不思議に思った瞳少年が母に聞きます。
「お母さん、‘ワギダの女’ってどういう意味?」
すると母は明るく笑って、こう答えるのです。
「あぁ、あれ? あれは ほら、スットコドッコイ!みたいな悪口のひとつよ。気にしなさんな。」

明るく振舞う母でしたが、なぜか家には両親の結婚式の写真が無く、そのことに触れるのもタブーとなっていました。

実は‘ワギダ’というのは柏木田・・・横須賀にあった遊郭のことでした。
母 静子の実家は遊郭だったのです。

しかも、静子は妻子持ちだった父と深い仲になり、瞳を身ごもり、父は妻と別れ、静子と一緒になったのでした。


で、このドラマで一番記憶に残っているのは、トンカツを揚げているシーンです。
母(小川真由美)が、衣を付けた肉片を一枚、台所の床に落としてしまいます。
そばで見ていた瞳少年は(あっ!)と驚きます。

でも、このお母さんが すごいんです!
「見ぬもの、清し!」
と言って、そのまま、肉片を油に入れて揚げてしまうのです!

まぁ、熱消毒されますからね・・・。(^◇^;


このドラマのこのシーンを思い出したのは、私の潜在意識のなせる技!
私の潜在意識・・・
大掃除かぁ・・・
そうだ、見えなきゃいいんじゃない!
メガネを外して年末年始を過ごせば綺麗な部屋に見えるんじゃない!
あのドラマでも言ってたじゃない!
「見ぬもの清し!」って!!


もちろん、この案は却下されると思われます。(^^;


こちらが原作本です。
この記事を書くにあたり、つい読み返してしまい、大幅に家事全般が滞りました。(^^;



血族.jpg

血族 (文春文庫 や 3-4)

  •  山口瞳
  •  文藝春秋
  •  1982/02
  •  文庫


nice!(6)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 6

コメント 11

たいへー

明日はボリューム大にして、掃除に励んで下さいね。
ええ、昔の嫁姑には、そりゃ~言葉では表せない
ドロドロがあるモンでございます・・・(汗
by たいへー (2008-12-27 21:57) 

caramelpapa


佐藤愛子さんの「血脈」と見間違いをしました
壽屋の瞳さんですね


見ぬもの清し

いい言葉です

知らぬは仏 見ぬが神

昔読んだ本にあったのですが
19世紀の某科学者
なまじ細菌等の知識があったため…


私も
小掃除で済ませます

 
by caramelpapa (2008-12-28 00:15) 

夢空

>大幅に家事全般が滞りました。(^^;
わかりますわかります、掃除していてそういうことよくあります((+_+))

by 夢空 (2008-12-28 08:30) 

灯台長

山口瞳は軽妙なエッセイのイメージが強かったので、
「血族」は意外な感じがしましたが、深い作品ですよねー!

ちなみに、僕も「見ぬもの、清し!」派です(笑)



by 灯台長 (2008-12-28 09:55) 

ユウ

私も「見ぬもの、清し!」派かしら。(笑)

実家が遊郭の小説で思い出すのは、宮尾登美子さん原作「櫂」「春燈」「朱夏」シリーズでしょうか。私は、小説はあまり読んでなくて松たか子さん主演のドラマシリーズで観ていたのですが。結構前のドラマですね。親が観ていて、一緒に付き合って観てました。

原作小説も、まだ途中まで・・・・・

「血族」も読んでみますね。
by ユウ (2008-12-28 15:23) 

びっけ

たいへーさん、nice!&コメントありがとうございます。
ボチボチ掃除は進んでおります。
明日が燃えるゴミ回収の最終日! あさっては燃えないゴミ回収の最終日!
これが山場です!・・・たぶん。
by びっけ (2008-12-28 21:07) 

びっけ

春分さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2008-12-28 21:07) 

びっけ

caramelpapa さん、コメントありがとうございます。
そうそう! 壽屋でしたね、サントリー社の旧い名前・・・。
オールドの黒いボトルに壽のマークが入っていたような記憶があります。
小掃除! すごく親近感がわく言葉ですわ。
いやいや、小掃除を日々おこなっていれば、大掃除など必要ないということでもありますね・・・。自戒。
by びっけ (2008-12-28 21:10) 

びっけ

夢空さん、nice!&コメントありがとうございます。
本棚前の掃除は要注意ですよね。(^^;
by びっけ (2008-12-28 21:10) 

びっけ

灯台長さん、nice!&コメントありがとうございます。
山口瞳というと、私は成人の日の一面広告を思い出します。

みんなで片目をつぶれば平和な生活!
・・・でもハウスダストのアレルギーのある方は要注意ですわね。(^^;
by びっけ (2008-12-28 21:12) 

びっけ

ユウさん、nice!&コメントありがとうございます。
宮尾さんの一連のシリーズは、私も本では読んでいなくて、映画やドラマで観ています。
高知の言葉は迫力がありますよね!
by びっけ (2008-12-28 21:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。