So-net無料ブログ作成

『Strawberry Fields Forever 』ザ・ビートルズ [音楽]

子どもの頃、庭に、母がイチゴを植えていました。
白い可愛い花が咲いてしばらくすると、小さな小さな赤い実がなって・・・。
弟と一緒に(早く大きくならないかなぁ・・・)と毎日イチゴを見て、収穫の日を待っていたことが、懐かしく思い出されます。


ザ・ビートルズの『Strawberry Fields Forever 』です。

♪ Strawberry Fields Forever

 Let me take you down,
 'cause I'm going to strawberry fields.
 Nothing is real and nothing to get hung about.
 Strawberry fields forever.

  君を連れて行ってあげよう ストロベリー・フィールズへ
  そこは すべてが幻の世界
  何も わずらわせるものなど無い世界
  ストロベリー・フィールズよ 永遠に

   (略)

 Always, no sometimes, think it's me,
 but you know I know when it's a dream.
 I think I know I mean a 'yes' but it's all wrong,
 that is I think I disagree.

  いつも、いや時々かな、これこそが僕自身だと思うんだ
  でも、君は知っているよね
  それが夢だって僕も気付いていることに
  それは本当のことでもあるし、間違いでもあるってこと
  つまり あれさ、僕自身も はっきりわからないんだ


そんな幻想的なストロベリー・フィールズで時を過ごしていたら、厳しい現実世界には なかなか帰って来れなくなってしまうでしょうねぇ。

しっかり現実世界に足をつけて、それでいながら甘くて酸っぱいイチゴを味わいたいものです。



The Beatles 1967-1970.jpg

The Beatles 1967-1970

  •  ジョン・レノン,ジョージ・ハリスン,リチャード・スターキー,ポール・マッカートニー
  •  EMIミュージック・ジャパン
  •  1998/03/11
  •  CD


タグ:音楽 1960年代
nice!(10)  コメント(21)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 10

コメント 21

びっけ

shin さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2009-04-12 22:30) 

caramelpapa


「苺畑は永遠に」
だとばかり思っていました

そもそも
ジョンが詞を書いて
ポールが作曲していると
思っていましたね
中学生の頃は

  
by caramelpapa (2009-04-12 23:37) 

夢空

「赤」も「青」も持ってます♪
by 夢空 (2009-04-13 06:25) 

春分

イチゴ畑で思い出す光景は「ストロベリー・ロード」のリアルなアメリカで。
英語が聴き取れなかった頃始めて聴いたこの曲は「ふぉればぁっ」のところ
くらいしかわからないので、幻想的な光景とは遠いです。
by 春分 (2009-04-13 12:04) 

薔薇少女

私も昔のレコードで赤と青持ってます!!!
by 薔薇少女 (2009-04-13 18:14) 

デルフィニウム

待ちに待った苺。後ろにぽっかり穴が。。。ってコトなかったですか?
by デルフィニウム (2009-04-13 22:36) 

チヨロギ

ビートルズは好き嫌い以前に、姉から強制的に聞かされていましたが(笑)
いま聞いても、ジョン・レノンの声はやっぱりいいですね。
by チヨロギ (2009-04-13 23:46) 

びっけ

u_yasu さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2009-04-15 00:14) 

びっけ

WIZARD さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2009-04-15 00:15) 

びっけ

caramelpapa さん、コメントありがとうございます。
Strawberry Field ・・・ イギリスの孤児院の名称だそうですね。
でも、私は、この歌はそういうイメージではなくて、今も「苺畑」のイメージで聴いています。
(^^;
by びっけ (2009-04-15 00:19) 

びっけ

夢空さん、コメントありがとうございます。
おぉっ! 赤版、青版、両方お持ちでしたか!
その日の気分によって、赤を聴いたり青を聴いたりしてらっしゃるのでしょうね。
by びっけ (2009-04-15 00:24) 

びっけ

春分さん、nice!&コメントありがとうございます。
『ストロベリー・ロード』は未読なのです。(^^;
でも確かに、現実世界のイチゴ畑での労働は、なかなかきついものでしょうね。
by びっけ (2009-04-15 00:30) 

DEBDYLAN

コレは名曲ですね。
皮肉屋、寂しん坊、独り善がりジョンの快心の1曲。
このひねくれた穏やかさがたまりません♪


by DEBDYLAN (2009-04-15 01:49) 

びっけ

薔薇少女さん、nice!&コメントありがとうございます。
レコードで お持ちとは! さすがでございます!! (^^)v
by びっけ (2009-04-15 20:12) 

びっけ

デルフィニウムさん、nice!&コメントありがとうございます。
いい勘してます! デルフィニウムさん!!
そうなんです、時々、裏側が白いままだったり、えぐれていたり・・・。
(;_;)
by びっけ (2009-04-15 20:14) 

びっけ

チヨロギさん、nice!&コメントありがとうございます。
まぁ! お姉さまのビートルズ英才教育を受けてらしたのですね!?
ポールの声も好きだけれど、ジョンの声は、一種独特の陰りというか湿っぽさ?があって、私も好きです!
by びっけ (2009-04-15 20:15) 

びっけ

sara さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2009-04-15 20:24) 

びっけ

DEBDYLAN さん、nice!&コメントありがとうございます。
>このひねくれた穏やかさがたまりません♪
うまい表現!!
そうです、ジョンの曲の持つ毒気というのかな? まさにそういう「ひねくれた穏やかさ」という感じがします。
by びっけ (2009-04-15 20:41) 

sknys

びっけさん、こんばんは。
「Strawberry Field」は実在する孤児院の名前、イントロのメロトロン、
アウトロの「僕はポールを埋葬した」(I buried Paul.)、
キーもテンポも異なる2曲を繋げた!‥‥などエピソード満載の最重要曲。
詳しくは、Wikipedia「Strawberry Fields Forever」を参照してね。

「Nothing is real」を「すべてが幻の世界」と訳すのは、
ちょっと抵抗があるなぁ^^
「真実なんか存在しない」という哲学的な意味ではないでしょうか。
「Strawberry Fields」とは「夢の国」ではなく、
ジョンの少年時代(過去を回想している)の隠喩じゃないかしら。

「立派な大人になるのは難しい」(将来の夢?)とか、
「僕の木には誰もいない」(木登り遊び?)という子供の視線が
歌詞の中に隠れている。
びっけさんも無意識裡に分かっているはず。
冒頭で「子どもの頃、‥‥」と、回想しているのだから^^

iTunesにThe Beatlesの全曲を入れていますが、
一番再生回数の多い愛聴曲です。
武道館で映画『Magical Mystery Tour』が初公開された時、
失神者が何人も出たんですよ^^;
by sknys (2009-04-18 21:41) 

びっけ

sknys さん、コメントありがとうございます。
Wiki 読みました。
ビートルマニアの訪問地として今も孤児院の建物が現存しているというのは、さすがビートルズと思いましたわ。(^^;

告白すると・・・英語の成績、あまり良くありませんでした。(爆)
意訳しすぎましたかね?(^^;

まぁ!
ひょっとして、sknys さんは『Magical Mystery Tour 』の初公開を武道館でご覧になったのですか!?
いやいや、その頃、sknys さんは小学生か幼稚園児ですよね!?
by びっけ (2009-04-18 21:57) 

びっけ

caramelpapa さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2009-06-09 21:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。