So-net無料ブログ作成
検索選択

『ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』 [映画]

先日、かつて勤めていた会社の上司二名が定年を迎えるというので、お祝いの会があり出席しました。
かつての上司、かつての先輩、かつての同僚、かつての後輩・・・懐かしい顔ぶれに、勤めていた頃にタイムスリップしたような錯覚を覚えました。
男性陣・・・さすがに、頭髪の差はさまざまでしたが・・・(^^;

私が二十年前に勤めていたのはソフトウエア開発の会社です。

女だったので、さすがに徹夜残業はありませんでしたが、男性の同僚は徹夜で残業することも たびたびありました。
なので、この映画
(あぁ、そうそう!)
と、何だか身につまされるところがたくさんありました。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない』、2009 年、佐藤祐市監督作品です。



ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない.jpg

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない [DVD]

  •  アミューズソフトエンタテインメント
  •  DVD



主人公(小池徹平)の名前は「真男(まさお)」なのだけれど、社長が天然なのか「まおとこクン」と呼ぶものだから、それが呼び名兼ハンドルネーム(マ男)になってます。

マ男くんは、高校中退、ニート歴数年、独学で情報処理技術者の資格を取ったものの、なかなか就職が決まりません。

でも、やっと採用してくれた会社がありました!
優しそうな社長(森本レオ)、ハキハキしているリーダー阿部(品川裕)、ガンダム命の井出さん(池田鉄洋)、おどおどしている上原さん(中村靖日)などなど、個性豊かなメンバーが揃っています。

やっと僕も社会人としてやっていける!
と思ったのもつかの間・・・実は、その会社は労働基準法遵守なんてありえない、社員をソルジャーとして働かせるブラック会社だったのです!!!

ただ、これはコメディ要素が多い映画だから、労働条件だけなら間違いなくブラック会社だけれど、人間関係としてはブラックではないよなぁと思いながら観ました。
確かにリーダーは横暴だし、井出さんはリーダーの腰ぎんちゃくで実力も無いウザい人だし、中卒ということが ばれて白い目で見られたりもしたけれど、でも、主人公に共感を示し、支え、救ってくれる藤田さん(田辺誠一)がいました。

どこの職場にも藤田さんのような人がいてくれれば、みんな、マ男くんのように何とかやっていけるのになぁ。

「一職場に一人、藤田さん計画!」・・・って期待するのではなくて、自分が藤田さんに なればいいのかしら?




私が かつて勤めていた会社は、男性社員は忙しい時に徹夜残業がありましたが、後日、代休をちゃんと取らされてました。
ブラック会社ではありません! 念のため。

あっ! でも、先日の会で、先輩が
「昔は、一つのプロジェクトが終わると残業代で新車を買ってたよなぁ」
と昔を懐かしんでいました。
そう言えば、男子は、残業、月 150 時間とか、200 時間とか自慢しあっていたなぁ。
そんな時代でした。


タグ:映画 2000年代
nice!(9)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 9

コメント 15

しまふくろう

 自営業にはとんと分からない話です。
給与明細とか残業代とかちょっと憧れます。
 池田鉄洋さん、最近やっと「モラッチャ王」に見えなくなったところです。
by しまふくろう (2012-03-26 16:36) 

マアカ

おもしろそうですね。
調べたら来月スカパーでやるみたいです。
見てみます。

by マアカ (2012-03-26 18:52) 

春分

うちは会社の中で楽なところと辛いところがあるな。
楽な人と辛い人もいるかな。
でも昔は残業代とかつけなかったな。ブラックな時代だったのかな。
でも、みんなに職があったし。
by 春分 (2012-03-26 18:55) 

barbermama

昔は公務員のボーナスが出たというニュースを見ると
腹立たしい思いをしました。
さすがにこの頃はそんなニュースは流れませんね。
娘は毎日帰りが遅いけど、当然残業代は出ません・・
by barbermama (2012-03-26 19:01) 

コトロ

こんにちは。

この映画も原作本も知っていましたが、どちらも未見でした。私も入社当時(約20年前)は会社の隣の寮に住んでたのもあり、深夜残業もサービス休日出社もみんな当たり前のようにやってましたね。

ただ当時は全然仕事も分からなかったので、板前の修業的なものだと思って乗り切ってました。最近の若手を見ると一人前の仕事も出来ないくせに残業時間だけはきっちり守るんだね…なんて思ってしまいますが、逆にこれが正しい姿なんだろうと納得するようにしてます。
by コトロ (2012-03-26 23:15) 

たいへー

残業の代わりに、夜遅くまで練習していた時期が、
今では懐かしい・・・
by たいへー (2012-03-27 03:27) 

びっけ

しまふくろうさん、nice!&コメントありがとうございます。
「隣の芝生は青い」と言いますが、私も、自営業だと定年が無くていいなぁと憧れてたりします。
モラッチャ王・・・知らなかったので検索かけて調べちゃいました。(^^;
見てみたかったなぁ。
by びっけ (2012-03-27 19:47) 

びっけ

マアカさん、nice!&コメントありがとうございます。
ぜひ、ご覧下さいませ。(^^)v
by びっけ (2012-03-27 19:48) 

びっけ

春分さん、nice!&コメントありがとうございます。
そうですね、楽も辛いも、どちらも仕事にはありますよね。
楽ばっかりでは自分が成長できないと思うし、辛いだけでは折れちゃいそうだし・・・。楽と辛いは、7対3くらいが理想かな。(笑)

サービス残業は嫌だけれど、職が無いのはもっと嫌ですね。
昨今の若者の就職状況を見聞きするにつけ、哀しくなります。(;_;)
by びっけ (2012-03-27 19:56) 

びっけ

barbermama さん、nice!&コメントありがとうございます。
ありましたねぇ、公務員のボーナス支給日のニュース映像。
今、そんなニュースを流したら、国民感情逆なでですものね。(^^;

学校の先生は残業がほとんど常態化しているのに残業代がつかなくて、本当に大変だと思います。
家に帰っても教材研究とか丸付けとか、休日も部活の指導とかありますものね。
by びっけ (2012-03-27 20:03) 

びっけ

コトロさん、nice!&コメントありがとうございます。
職住近接というのは、みっちり仕事ができるという意味では、辛い環境といえそうですね。(^^;

板前の修業!
なるほど、そういう捉え方ができれば・・・
へい! コンパイル一丁終わりましたぁ!
バグってましたぁ! ソースリストにダンプもつけておきやす! 修正よろしく!
・・・って、どこの言葉やねん。(^^;
by びっけ (2012-03-27 20:13) 

びっけ

たいへーさん、nice!&コメントありがとうございます。
たいへー青年の若い時分の修行が、今の腕前に結実しているのですよね。

若いときの苦労は買ってでもしろ・・・その意味が よーくわかる歳になりましたわ。
by びっけ (2012-03-27 20:18) 

びっけ

夢空さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2012-04-01 18:58) 

びっけ

lyu244oca さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2012-04-13 06:47) 

びっけ

caramelpapa さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2012-05-16 08:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。