So-net無料ブログ作成

『僕の村は戦場だった』タルコフスキー監督 [映画]

もう何十年も前に一度観たきりですが、忘れられない強烈な記憶として残っている映画です。
アンドレイ・タルコフスキー監督の 1962 年の作品、『僕の村は戦場だった』



僕の村は戦場だった.jpg

僕の村は戦場だった [DVD]

  •  アイ・ヴィ・シー
  •  DVD



12 歳のイワン(コーリヤ・ブルリヤーエフ)は、ソビエトのある村で両親と妹と暮していました。
しかし、ドイツ軍の侵攻により、父は戦死、母と妹とは生き別れ、ひとりぼっちになってしまいます。

周りの大人(ソ連軍兵士)たちは、イワン少年を幼年学校に行かせようとするのですが、「ドイツ軍憎し」の想いが強いイワンは、あえて少年斥候の道を選びます。

仲良くなった老兵の死も知らず、ドイツ軍の陣中に斥候として潜り込んでいくイワン・・・

やがて戦争が終わり、生き残ったソ連軍兵士は、あるファイルの中にイワンの写真を見つけます。
それは処刑されたソ連軍捕虜のファイルでした。


モノクロで美しい映像。光と影が美しい。
でも、一番すごいと思うのは主役の少年の目。
子どもなのに、子どもじゃない。
鋭くて、人生の哀切を悟りきってしまったような目。

思い出のシーンで、母や妹と一緒に暮していたころの、明るくて優しい表情とあまりに違っていて、そのギャップに愕然とします。


戦争という悲劇が彼から子どもの表情を奪った・・・ということが伝わってくるは素晴らしいのですが、実際は、子役の子がどうやって、あんな表情ができたのか、そこが不思議です、謎です、怖いです。


映画『僕の村は戦場だった』の映像に、デヴィッド・シルヴィアンの『The Boy with The Gun 』をのせたものがありました。





『The Boy with The Gun 』は、こちらに収録されています。



Secrets of the Beehive.jpg

シークレッツ・オブ・ザ・ビーハイヴ(紙ジャケット仕様)

  •  デヴィッド・シルヴィアン
  •  EMIミュージック・ジャパン
  •  2008/07/02
  •  CD

nice!(4)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 8

caramelpapa


戦争って
とても悲しい

    
by caramelpapa (2012-08-15 21:44) 

たいへー

実体験がないので、表面的なことしか分からないですが、
やりたくはないです。
by たいへー (2012-08-16 07:02) 

びっけ

caramelpapa さん、nice!&コメントありがとうございます。
戦争に巻き込まれる子ども・・・辛いですよね。(;_;)
by びっけ (2012-08-16 10:05) 

びっけ

たいへーさん、nice!&コメントありがとうございます。
今も、そういう子ども達が少なからず いるのかと思うと、哀しいですね。
by びっけ (2012-08-16 10:13) 

びっけ

ALBERT さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2012-08-16 15:51) 

sknys

びっけさん、こんばんは。
タルコフスキーは好きな映画監督の1人です。
「ノスタルジア」や「サクリファイス」も素晴しい!

内田善美の作品にタルコフスキー(ウラジミール家の司書)や
ロアルド・ダール(ヒューの助手)が出て来た時は小躍りしました^^;
by sknys (2012-08-17 00:08) 

びっけ

sknys さん、コメントありがとうございます。
『ノスタルジア』私も好きです。
それこそ、デヴィッド・シルヴィアンがタルコフスキーに捧げて『ノスタルジア』という曲を作っているのですが、その曲も好きです。

内田善美の作品は遠い記憶なのですが(^^;
彼女がタルコフスキー好きというのは何となく納得できますね。
ダール好きというのは、ちょっと意外。
by びっけ (2012-08-17 09:42) 

びっけ

夢空さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2012-08-20 13:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。