So-net無料ブログ作成
検索選択

『おとうさんのちず』ユリ・シュルヴィッツ [絵本]

8 月に入って中旬頃までは、いろいろな図書館に行くたびに戦争に関する展示や本の紹介を目にしました。
テレビを見ていても戦争関連のドキュメンタリーや番組が数多く放送されていました。

もうすぐ 9 月・・・図書館の展示は震災や防災のそれに替わり、テレビ番組も おそらく震災や防災関連番組になっていくのでしょう。

日本の過去のできごとに関連付けて今を考えることも大切なことだけれど、海外の国々で起こったことや起こっていることに目を向けることも忘れてはいけないですよね。

おとうさんのちず』という絵本があります。
作者のユリ・シュルヴィッツさんはポーランド生まれ。
第二次世界大戦で故郷を失い、両親と一緒にソ連のトルキスタン(今のカザフスタン)に逃げのび、4歳から10歳まで暮らしたそうです。
その時の実体験を描いた絵本です。

何も持たずに逃げ延びたトルキスタンでは、もう一組の夫婦とユリさん一家が狭い部屋に住み、食べ物もほんの少ししか手に入りません。
ある日、パンを買いに市場に行ったお父さん
なかなか帰ってこないお父さんを心配する僕とお母さん

やっと帰ってきたお父さんが持っていたのは長い巻紙!?
お父さんはパンではなくて、大きな世界地図を買って帰ってきたのです。

 ぼくは おこった。
 ひどい おとうさんだ! ゆるせない!

でも、次の日、お父さんがその地図を壁に貼ると・・・・・・
ぼくは、その地図に夢中になります。
ひもじさも、貧しさも、寒さも暑さも忘れて地図の世界で空想の羽をはばたかせます。
砂漠に海辺に雪山に・・・果樹園にオアシスにビル街に・・・

さいごの文章は、こうです。
 ぼくは、パンを かわなかった おとうさんを ゆるした。
 やっぱり おとうさんは ただしかったのだ。

この絵本に書かれているのは第二次世界大戦の時の話だけれど
今も地球上のどこかで、食料だけでなく夢や未来を求めている子ども達がいることを、この絵本を読んで強く感じました。


おとうさんのちず.jpg
おとうさんのちず
  •  作:ユリ・シュルヴィッツ 訳:さくまゆみこ
  •  あすなろ書房
  •  2009/05
  •  32p

タグ:絵本
nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 12

しまふくろう

昨日リベリアの少年兵の話をテレビで観ました。
 日本だったら小学校高学年から中学生くらいの子供たちが銃器を持って戦争をする。それも内戦。
 悲しいのは戦うときは「仮装」して自分とは違う自分が戦い、殺すと自らを納得させていること。戦争はやはりだれでも嫌なのです。
 おとうさんのちずも「空想」が人の心を壊さないようにする一種の安全弁なのかもしれませんね。
by しまふくろう (2013-08-27 06:08) 

たいへー

やっぱり、パンの方が良いかな。^^;
by たいへー (2013-08-27 07:49) 

めりー

絵も興味をそそります(^^)
by めりー (2013-08-27 10:41) 

びっけ

しまふくろうさん、nice!&コメントありがとうございます。
少年兵のことは、本当に心が痛みます。(;_;)
心を壊さないように、辛い現実に飲み込まれないようにする安全弁・・・なるほど、そうですね。そういうものが必要ですよね。
by びっけ (2013-08-27 13:47) 

びっけ

たいへーさん、nice!&コメントありがとうございます。
正直でよろしい!(笑)
by びっけ (2013-08-27 13:48) 

びっけ

めりーさん、nice!&コメントありがとうございます。
そうなんですよ、絵がとっても明るいんです。
表紙に描かれている海の色に とても心が和みました。
by びっけ (2013-08-27 13:50) 

びっけ

しーちゃんさん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2013-08-27 13:51) 

barbermama

昨日はPCの調子が悪くてせっかく書く気になったブログを諦め
ずっと前に録画してあった『インビクタス/負けざる者たち』を観ました。
マンデラ大統領が選ばれた直後の出来事とラグビーのWカップの物語です。
ニュースでチラチラとしか見たことのないマンデラさんの人となりを初めて知って
感動でしばらく動けないほどでした。
過去の恨みよりも国を一つにすること。
日本の近隣諸国を治めている人に見てもらいたいたいと思いました。
by barbermama (2013-08-27 14:30) 

びっけ

barbermama さん、nice!&コメントありがとうございます。
あっ! 私も随分前に録画してそのままです、その映画。
今度、見てみますね。
何だかアジア、きな臭くて不安を感じます。
過剰反応もまずいけど無関心も困るし・・・。
by びっけ (2013-08-27 23:31) 

びっけ

春日淳樹さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2013-08-27 23:32) 

びっけ

caramelpapa さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2013-08-29 20:45) 

びっけ

ALBERT さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2013-08-29 20:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。