So-net無料ブログ作成
TV(ドラマ・アニメなど) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

「梅ちゃん先生」の高橋克実 [TV(ドラマ・アニメなど)]

NHK の朝の連続テレビ小説は、この十何年か、ほとんど見ていなかったのですが 4 月から始まった「梅ちゃん先生」は、録画したり週末のまとめ放送を見たりして、ほぼ毎回、見ています。

主演の堀北真希が、どじっ子で、まっすぐで、頑張り屋の梅子を好演していて、見ていて楽しいです。

脇を固める俳優陣も、私ごのみ。
そこもポイントが高い理由の一つです。

梅子の祖母を演じている倍賞美津子
シャキシャキしていて、婿にもきっちり物を言うところがステキだわ。

梅子の叔父を演じている鶴見辰吾
あごがガッシリしていて、いかにも世間の荒波で勝ち残りそうな雰囲気。

梅子の姉の婚約者を演じた成宮寛貴
もう回想シーンのみなのね。残念。

梅子の父を演じている高橋克実
この役者さんは、演じられる役幅が広くて大好き。

古きを辿れば「ショムニ」の嫌な上司、「トリビアの泉」のおとぼけキャラ。
去年のドラマ「ドン・キホーテ」では
威勢のいいヤクザと小心者で線の細い公務員を
見事に演じ分けていましたね。

今回の「梅ちゃん先生」では、大学の医学部教授で婿養子。
いつもと違って、お堅い感じの役どころです。
患者さんの前では、優しい顔も見せるお医者さんで、学生達を家に連れてくることもあるので人望のある先生だと思われるのですが、
家族の前では、頑固なお父さん!

医者になりたい!と言い出した梅子に対して、(お前には無理だ!)と否定的な言い方をします。
そのくせ、医専受験日は、教授室でソワソワしていたり、合格発表の日はいそいそと帰ってきたり、愛すべきお父さんでもあります。

お父さんが亡くなる時、主治医は梅ちゃんだったりするのかなぁ・・・
まだ始まったばかりだというのに、お父さんの臨終シーンを想像しながら見ている私です。
(^^;


梅ちゃん先生.jpg

タグ:2010年代

連続ドラマ仕立てのコマーシャル [TV(ドラマ・アニメなど)]

さっき、テレビのチャンネルをザッピングしていたら、あのコマーシャルが流れていました。
瑛太と吹石一恵が出てくるダイハツの第三のエコカーのコマーシャル。

http://www.daihatsu.co.jp/cm/index.htm

調べてみたら、このコマーシャルのシリーズには「日本のどこかで」というタイトルがついているそうです。
バッグに流れている耳に馴染みのあるクラッシック曲が、ドビュッシーの「亜麻色の髪の乙女」だということも、わかりました。
そうか、これが!
同じ曲名の『亜麻色の髪の乙女』島谷ひとみ(彼女はカバーで、元々はヴィレッジ・シンガーズの曲)は曲名と曲が一致していたのだけれど、ドビュッシーの曲は、今回ようやく一致しました。(^^;

ダイハツさんには申し訳ありませんが、ダイハツと言う企業名もミライースという自動車名も記憶に残りそうもないのですが、このドラマ仕立てのコマーシャルのほうは記憶に残りそうです。

こうした連続ドラマ仕立てのコマーシャルで、かつ、名前もしっかり記憶に残っていると言ったら、あれです、あれ。
クオーク!
クオークと名づけられた子の誕生前から、誕生、子ども、高校生時代までを母の視点で見つめるという内容のコマーシャルです。

でも、さて「クオーク」というのが何の商品名だったのかは、今もってわからないままです。
調べてみたら、企業名でした!
そうか、企業名だったのか。なんとなくクオーツ・・・時計系かと思ってました。(笑)

瑛太と言えば、ドラマ仕立ての大人グリコのコマーシャルで、大人になったタラちゃんを演じてましたね。
イクラちゃんが小栗旬で、ワカメちゃんが宮沢りえで、カツオくんが浅野忠信。

このシリーズはキャスティングに意外性があって面白かったなぁ。


・・・と、テレビくんの言うことを鵜呑みにするのはまずいと思ってはいるけれど、実は結構テレビ好きな自分を否定できません。
(^^;


亜麻色の髪の乙女.jpg

亜麻色の髪の乙女~月の光/ドビュッシー:ピアノ名曲集

  •  ワイセンベルク(アレクシス),ドビュッシー
  •  ユニバーサル ミュージック クラシック
  •  2007/09/05
  •  CD

「日常」の阪本さん [TV(ドラマ・アニメなど)]

何気ない日常が、いかに大切で愛おしいものであったか・・・
あの日から一年が過ぎて、しみじみ思います。

今の「日常」が以前の「日常」と大きく違うな・・・と感じるのは、NHK 「首都圏ネットワーク」で放射線量情報が淡々と読み上げられる時。
花粉情報や熱中症情報が始まったときも驚いたけれど、これは もう次元が違いすぎ!
読み上げられる数値を単なる「音」としてだけ聞いて、意味のあるものとしては聞きたくない気持ちになります。

でも、暗くて重くて辛い気持ちばかりでもいられません。
明るくて軽くて楽しい気持ちになりたい!
そんな気持ちで見ているのかもしれません。
土曜の夕方、忙しい時間だというのに見てしまうアニメ「日常」



日常のDVD.jpg


原作のマンガは読んでいないので、最初に見た時は何が何だか よくわかりませんでした。
一応、女子高生たちが主人公らしい。
その中のひとりは背中に大きなネジをつけている(ロボット?)
ロボット女子高生「なの」を作ったのは白衣を着た小学生くらいの女の子「はかせ」!
学校生活を描いたパートと東雲研究所(はかせの家)のパートの二つから構成されているらしい。
でもって、女子高生達の何気ない日常生活・・・なんだけど、突然、むちゃくちゃ非日常的になる。

いつの間にか はまっていました。
ゆるくてシュールな展開に
かわゆいアニメ声優の声に
かわゆい女子高生たちの絵柄に
さらに、べらんめぇ調で喋る黒猫の阪本さんに!

おぉっ! 阪本さんが渋い歌声を聴かせている こんな CD もあるらしい。



阪本さんのニャーというとでも思ったか.jpg

阪本さんのニャーというとでも思ったか

  •  白石稔
  •  ランティス
  •  2011/07/06
  •  CD


猫の阪本さんが人間の言葉を喋れる秘密は、首に巻いた赤いスカーフ!
はかせが発明したものです。

早速、やってみました、我が家の黒猫で。
クーは首輪も嫌いな猫なので無理。
おとなしくてボーっとしているマッシュの首に赤いバンダナを巻いてみました。
・・・・・・
・・・・・・
喋りません。(笑)

赤バンダナのマッシュ2.jpg
赤バンダナのマッシュ.jpg

タグ:2010年代

英会話のウィッキーさん [TV(ドラマ・アニメなど)]

スリランカ旅行で現地を案内してくれたガイドさんは、スリランカ人のスリさん。
黒縁のメガネをかけた真面目そうな男性で、日本語がとても上手でした。
彼は日本にいたことがあるそうで、日本で一番有名なスリランカ人、ウィッキーさんのことも知っていました。

ウィッキーさん・・・朝の番組のワンコーナーで、道行く人に声をかけて英会話レッスンをしていましたね。
突然、英語で話しかけられた人は驚いたろうなぁ。
中には、英語でスラスラ返答できる人もいたけれど、ほとんどの人は しどろもどろになってしまって、他人事ながら(恐ろしい企画だわ)と思って見ていました。

ちょっと前に( 2010 年だそうな)清涼飲料水「なっちゃん」の CM を見てビックリ!
あのウィッキーさんがバス運転手として出演していて、
「Good Morning !」
と喋っているではありませんか!

お元気だったんですね。(^^)v

スリランカのガイドのスリさんには、帰国後、お礼のお手紙と写真を送りましたが、さて、今もお元気でしょうか?

実は、スリさんがスリランカでも有名な占星術師を知っているというので、私の出生日時と場所(緯度・経度)を書いたメモを渡してきたのですが、その後、占っていただけましたでしょうか?
今さら、その占いの結果を知ったからと言って、もう手遅れ?のこともあるかと思いますが、もしスリさんがこのブログを見ていたら、ぜひ当方まで結果をお知らせくださいませ。
・・・って、そんなの無理よね。(笑)

★ なっちゃんの CM ★




★ 脂肪三兄弟の CM にも出てたんですね! ★








ウィッキーさん.jpg

ウイッキーさんの1日1分!英会話

  •  A・ウイッキー
  •  アスコム
  •  2007/09/27
  •  単行本(ソフトカバー)

「アンジェラ・アキの SONGBOOK in English 」が楽しみ! [TV(ドラマ・アニメなど)]

今、楽しみにしているテレビ番組のひとつがNHK E テレの
「アンジェラ・アキの SONGBOOK in English 」です。

洋楽一曲を二週にかけて取り上げています。
今までに取り上げられた曲は
ビリー・ジョエルの『Honesty 』
ジャニス・イアンの『Will You Dance ? 』

最初の週は、歌詞の翻訳と時代背景、そのアーティストのデビューから現在までのようすについて触れ、
次の週は、その曲に大学生達が日本語で歌詞をつけてみる・・・という内容です。

私は訳詞と、曲の時代背景の説明のほうに興味があるので、学生達のオリジナル日本語歌詞の週は見てませんが・・・(^^;

ビリー・ジョエルの『Honesty 』を評して、「怨念の歌や」と言うアンジェラ・アキが面白い!
ジャニス・イアンの『Will You Dance ? 』の歌詞を訳する大杉正明教授も、「超 笑える話ね」みたいに くだけた言葉遣いで訳しているところが楽しい!
クリス・ペプラーが、それぞれのアーティストの人生をコンパクトにまとめて紹介するコーナーもわかりやすくていい!

で、次回 2 月 4 日は、ボズ・スキャッグスの『We're All Alone 』が取り上げられるそうです。
この曲については、いつかブログで書きたいと思っていたのだけれど、アンジェラ姐さんのこの番組を見て、訳し方を教わってから書いてみたいと思います。

「アンジェラ・アキの SONGBOOK 」の公式サイトはこちらです。


アンジェラ・アキのSONGBOOKinEnglish.jpg

タグ:音楽

「ベスト30歌謡曲」のじゅんきんコンビ! [TV(ドラマ・アニメなど)]

ランキングといえば、「ベスト 30 歌謡曲」という番組がありましたね。

司会は、愛川欽也と五十嵐じゅん(現在は五十嵐淳子)の「じゅんきん」コンビ!
愛想の良さげなおじさま愛川欽也と、清純でお嬢様チックな五十嵐じゅんの司会が、うるさからず、しつこからず、程よい司会加減で好感の持てる番組でした。

こちらが最近の五十嵐淳子。中村雅俊夫人でもあります。
年を重ねても美人ですね。

五十嵐淳子.jpg

この頃は、新御三家(野口五郎、郷ひろみ、西条秀樹)や花の中三トリオ(森昌子、桜田淳子、山口百恵)が全盛で、ほかにも南沙織や天地真理なども常連だったように記憶しています。

他にも、あいざき信也や城みちる、浅田美代子に麻丘めぐみ・・・

歌手の大きな写真が貼ってある縦長のボードがぐるりとステージを囲んていましたね。

あの番組は、どういうデータを基にしてランキングを決めていたのかなぁ?
オリコンランキングだったのかしら?

さて、今年も今日でおしまい。
今年は、まさに驚天動地の一年でした。
来年は、気持ちが休まる年になるといいなぁ。

今年も、ご愛読いただき、nice!やコメントをいただきまして、本当に ありがとうございました。
来年が、皆様にとっても良い年となりますように!


『スヌーピーとかぼちゃ大王』 [TV(ドラマ・アニメなど)]

テレビで放送されていたスヌーピーのアニメ『スヌーピーとかぼちゃ大王』が、私と「ハロウィーン」のファースト・コンタクトです。


スヌーピーとかぼちゃ大王.jpg

スヌーピーとかぼちゃ大王 特別版 [DVD]

  •  ワーナー・ホーム・ビデオ
  •  DVD



ハロウィーンには、子ども達が魔女やオバケの扮装をして、ご近所を家庭訪問し、お菓子を強奪・・・じゃないない、頂くということを知って
何となく、秋田の「なまはげ」の子どもバージョンみたい・・・と思ったものです。

魔女に扮したルーシー(声:うつみ みどり)
オバケに扮したチャーリー・ブラウン(声:谷啓)
戦闘機乗りに扮したスヌーピー

でも、一人だけ、みんなと違う妄想に取り付かれている少年がいました。
毛布が大好きなナイーブ天才少年?ライナス(声:野沢那智)です。
彼は、ハロウィーンの夜に かぼちゃ大王が降臨し、願いをかなえてくれると信じているのです。
チャーリー・ブラウンの妹サリーと一緒に かぼちゃ畑で寝ずの番をするのですが・・・
果たして、かぼちゃ大王は現われるのでしょうか?!

◆ 関連過去記事

 『00スヌーピー』チャールズ・シュルツ


7 月からずっと松重豊 三昧!(笑) [TV(ドラマ・アニメなど)]

先週終わってしまったドラマ「ドン★キホーテ」
今年の夏ドラマでは、実は一番好きでした。(^^;

脇役の中でも特に気になって見ていたのは、ウォーケン似の松重豊です。

松重豊.jpg

景品連合・・・じゃないない、京浜連合鯖島組の若頭、兵頭を演じていたのですが、背が高いためか丈が短めになってしまう着流しでの立ち回りなんか、ピストルの弾を刀ではじくのはコメディなのでご愛嬌としても、なかなか決まっていました。

で、夏ドラマが終わってしまえば、しばらくお見かけできないのでは・・・と思っていたところ、9 月から始まったNHK の火曜ドラマ「ラストマネー~愛の値段~」にも ご出演!

保険会社社員の向島(伊藤英明)に協力する如月リサーチの社長(社員は彼一人だけ!)の如月を演じています。
ちょっと見、やーさんっぽい派手めのスーツにサングラスで、その強面を生かしつつ、保険金にまつわる人々の感情の裏表を見抜くという役どころ。
個性的でいて演技にも味がある脇役がいると、ドラマも奥行きがでて、俄然面白くなりますよね。

ご本人のブログも発見!

http://matsushige.cocolog-nifty.com/blog/

モノクロ写真と、短くて味のある文章に、(おぉっ!)と、またまたポイントが上がりましたわ。


「シャーロック」見逃した第一話をオンデマンドで見ようか、どうしようか?【追記あり】 [TV(ドラマ・アニメなど)]

かれこれ 10 日ほど前のことですが、NHK BS プレミアムで三夜連続で放送された BBC 制作のドラマ「シャーロック」!
シャーロック・ホームズ様の新機軸のドラマというので、しっかり録画して見たのです。
ところが! 第一話だけ録画し損ねてしまったのでした。号泣!

再放送は無いの?!
と調べてみたら、当面、再放送の予定はないそうで・・・でも、ネットのオンデマンド放送なら 9 月 5 日まで見れるそうなのです。

オンデマンドかぁ・・・。
一話だけなら 315 円かぁ・・・。
でも、途中でストップとかして、翌日、続きを見たり・・・とかできるのかなぁ?
やっぱり、見始めたら、一時停止くらいはできても、続けて見なくてはいけないのかなぁ?
不安がいっぱいだけれど、この週末にチャレンジしてみようかな・・・と思っています。

で、肝心のドラマの感想!
いいわぁ! いい、いい!!
設定が、ひねりが利いていて面白い。

シャーロック・ホームズが現代に生きていたら・・・どんな捜査方法でどんな風に謎解きをするか!

スマートフォンを使うわ(原作だと電報)
ネットに HP を開設しているわ(原作だと新聞広告?)
タクシーを使うわ(原作だと辻馬車)
ホームレスの情報網を捜査に活用するわ(原作だと浮浪児グループ)
助手のジョン・ワトソン博士はブログでホームズの活躍を報告するわ!(原作だと・・・原作、つまり「本」よ!)

いやぁ、楽しいです。

細かいことを言えば、コンサルタント探偵としてレストレード警部に いくら一目置かれているとは言え、鑑識係を差し置いて現場をあれこれ調べるのはどうなの?・・・しかも四角いスライド式の虫眼鏡!(笑)
というひっかかりも在ると言えば在るけれど、それを補って余りある、いかにも「ホームズ」というキャラが秀逸です。

原作同様、地動説などの無駄な知識は必要ないと豪語し
原作同様、ちょっと人を小馬鹿にしたような態度で
原作同様、情報を聞き出すためには、役者に成りきるし
でもって、体力も案外あるし!

ルックスも 30 代の長身痩躯、ちょっと見、吾郎ちゃんみたいなウェーブヘアのホームズ、絵になっています!
シャーロック・ホームズを演じるベネディクト・カンバーバッチに惚れてしまいそうです。(^^;

今のところ、日本語版の DVD もブルーレイも未発売。
かといって、こちらの輸入版はもちろん日本語字幕も吹き替えも無いだろうし・・・ホームズの台詞、めちゃくちゃマシンガントークで、しかもあの理屈っぽいホームズですから言葉も難しいらしく・・・私の語学力では到底、理解できないでしょう。(;_;)


シャーロック輸入盤.jpg


【追記】

というわけで、見逃した第一話をオンデマンドで見ました!
ホームズとワトソン(このドラマ風に言えば、シャーロックとジョン)が知り合うくだりとか、原作にかなり忠実でいい感じ。
けれど、第二話、第三話のホームズには あまり感じなかったのだけれど、この第一話では ちょっぴり違和感を感じたところが二点あります。

一つは、シャーロックの兄マイクロフトとの関係。
原作では、そこそこ仲が良くて、兄を尊敬している風だったと思うのだけれど、ドラマの二人は仲が悪い。
ドラマのシャーロックは、兄を疎んじこそすれ、尊敬している風は微塵も感じられず、そこが少し寂しい。
でも、兄弟揃って「ママを~」「ママが~」と話すところは微笑ましかったです。(^^;

もう一つは、シャーロックが英国紳士らしからぬ振る舞いをしたり、警察のメンバーから露骨に嫌われているところ。
特に、第一話の犯人を足で むぎゅむぎゅする場面は ひどいでしょ!
原作のホームズだって、決して聖人君子なんかではなくて、アヘンは吸うし、身勝手なところもあるけれど、あそこまで邪悪な行為はしなかったと思うのです。

ドラマのシャーロックが、捜査関係者(警部や巡査や鑑識係)から変質者扱いされて嫌われているところも悲しい。
原作では、世間からも警察からも尊敬されている存在だったのに、ドラマのシャーロックは知名度も低いし、自分から「高機能社会不適応者」と言っちゃっているし・・・。
まぁ、そこが現代らしいと言えば言えるのですがね。

でも、なんのかんの言っても、このシリーズは 続きが楽しみです!
シャーロック役の彼、ベネディクト・カンバーバッチの出演作も、これからいろいろ見てみようと思います。


「おはなはん」 は祖母のお気に入りの朝ドラでした [TV(ドラマ・アニメなど)]

あれっ? 懐かしいメロディ!
それはソフトバンクの CM 白戸家シリーズの最新作から流れてきました。

若尾文子(一体、いくつなの!!再婚相手が松田翔太だし!)が、かつて娘だった頃に使用人だった小林旭と、ラーメンの屋台で再会する・・・というストーリーの CM です。

バックに流れているメロディは、NHK の朝の連続ドラマ「おはなはん」のテーマ曲です。

♪ おはなはん

   (略)
 いつでも 明るく
 笑顔消さない おはなはん


明治生まれの女性「はな」の一代記です。
「はな」を演じていたのは樫山文枝。
憧れの人・・・後に夫となる若き軍人を演じていたのは高橋幸治でした。

私の父方の祖母の名前は「はな」。明治 42 年生まれです。
この朝ドラを見ている祖母に話しかけるのはタブーでした・・・感情移入して、めちゃくちゃ真剣に見ていたから・・・(笑)


余談ですが、少女マンガ『はいからさんが通る』で紅緒が木に登って伊集院少尉を見ているシーンは、「おはなはん」で、はなが木に登って青年将校を見ているシーンを意識している・・・と思うのですが、どうでしょう?

 『はいからさんが通る』大和和紀



朝ドラNHK連続テレビ小説テーマ集.jpg

朝ドラ~NHK連続テレビ小説テーマ集~

  •  山田太一,岩谷時子,奥村貢,湯浅譲二,山本直純,TVサントラ
  •  Sony Music Direct
  •  2006/02/01
  •  CD

前の10件 | 次の10件 TV(ドラマ・アニメなど) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。