So-net無料ブログ作成

『過ぎ去りし永遠の日々』coba [音楽]

古舘伊知郎のニュース番組は、ほとんど見ていませんが、あの番組は時々見ていました。
「おしゃれカンケイ」

会場のお客さんをうまく味方につけ、ゲストの本音を引き出す古舘伊知郎の司会っぷりと、渡辺満里奈のほどよい自然体がバランスのよい番組でした。

そして、番組の最後は、ゲストの家族や親しい人からの手紙を読みあげる「16 小節のLOVE SONG 」コーナー!
この音楽が流れてくるだけで、何だか泣きそうになったものです。


オルガン アコーディオン奏者 coba が奏でる哀愁に満ちたメロディー。

・・・なので、ちっとも泣けないような あっさりした手紙が紹介された時には、ものすごーく「残念!」な気持ちになったものです。(^^;



おしゃれカンケイ.jpg

おしゃれカンケイ

  •  coba
  •  EMIミュージック・ジャパン
  •  2003/03/26
  •  CD

nice!(7)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 7

コメント 11

びっけ

manamana さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2010-11-19 00:09) 

びっけ

@ミックさん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2010-11-19 00:11) 

びっけ

caramelpapa さん、コメントありがとうございます。
あらら・・・間違えてしまいました。(^^;
オルガン奏者ではなく、アコーディオン奏者です。
訂正しておきました。
ご指摘、ありがとうございます。
by びっけ (2010-11-19 00:22) 

チヨロギ

この番組、よく観てました! 懐かしいです。
手紙のコーナー、かなりの高確率でゲストを泣かせてましたよね。
古舘伊知郎にはこっちのほうが合ってると思うんだけど・・・( ̄ー ̄;
by チヨロギ (2010-11-20 01:13) 

春分

そうですねー。見ていたな。こんな番組だけしていたら
古館はよかったのでしょうに。ニュースをする教養はない
人なのに。
でも夜は人をしんみりさせる。お昼番組である「うちくる」
の泣かせとは違った空気でしたね。
by 春分 (2010-11-20 06:29) 

やまべぇ

16 小節のLOVE SONG、なんとなく見てました(^_^)
この曲は覚えがあるような?ウィスキーか何かのCMかな?と思ったらあのコーナーで使われてたんですね♪

日本でアコーディオンと言えばぴんから兄弟が頭に浮かび、流しとかもあるし=演歌と感じてしまう人も多いんじゃないんですかね?
でもこんな哀愁たっぷりな曲も奏でられるんですね~

アコーデオン奏者じゃないけど、伴奏にアコーデオン使ってるニューアコースティックと呼ばれたジャンルのグループがいます。僕も今度JukeBoxで記事にしま~す(^_^) いい感じの歌なんですよ(^。^)
by やまべぇ (2010-11-20 23:07) 

びっけ

チヨロギさん、nice!&コメントありがとうございます。
プロレスやF1や筋肉番付の実況中継と、この番組が彼には合っていたなぁ・・・と 私も あらためて思います。
by びっけ (2010-11-21 01:02) 

びっけ

春分さん、nice!&コメントありがとうございます。
そうかぁ・・・夜の番組というところの効果もあったでしょうね。
ゲストはもちろん、視聴者も自然に泣かされましたよね。
特に今は押しも押されもせぬ人でも、苦労してきた時代がある人の奥さんの手紙とか友達の手紙とかに泣けました。
by びっけ (2010-11-21 01:05) 

びっけ

めりーさん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2010-11-21 01:09) 

びっけ

やまべぇさん、nice!&コメントありがとうございます。
>ウィスキーか何かのCMかな?と思ったらあのコーナーで使われてたんですね♪
そう! そうなんです!
一部、あのサントリーオールドのCM曲『夜がくる』に似てますよね!!
私もそう思ってました! 同じように思っている人がいらして感激です!

やまべぇさんのJukeBox の記事、楽しみにしています!
by びっけ (2010-11-21 01:14) 

びっけ

kii さん、nice!ありがとうございます!
by びっけ (2010-11-22 12:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。